iPhone 4 液晶破損と背面クリアーパネルとバッテリー交換。

 iPhone 4 のホワイト化をして早数ヶ月。大きな問題はなかったのですが、落下の際小さな問題を作ったまま放置していたのですが、ようやく腰を上げて良品に交換しました。

実は黄ばんだような色になってました(汗)

 症状は写真だとわかりづらいんですが、液晶パネルのゆがみから来る色がおかしくなる現象。
 気にならないって言えば気にならないレベルなんですが、もともと私の交換したホワイトパネルはホワイト発売前の補修パーツだったのですが、その後、発売後のものが入手可能となったので交換することにした次第。

 で、一番の違いはやはり近接センサー部。
 発売前のものも動作していたんですがやはり不安定でした。が、発売後のものは完璧でした。

近接センサーの違い。

 それで、せっかくなので以前忘れたバッテリー交換もしました(ちなみにバッテリー交換だけだと15分程度)。

 それでー、補修パーツが手に入るようになったのはいいのですが、ホワイト発売後は「ホワイト」っていわれるだけで終了してはつまらないので、せっかくなのでいろいろパーツを取り寄せて、背面クリアーバージョンでしばらく行こうかな。と思います。

スケスケ〜♪

 以前からクリアー化したかったのですが、ようやく入手できるようになりました。が、かなり前に見たチューニングされた美しいクリアー化とは違い、本当に塗り忘れただけ(笑)みたいな状態なので、ちょっと思い描いていたものとは正直違うのですが、ま、ネタと言うことで。

 そのほか、補修パーツとしていろんなカラーバリエーションがあるんですが、どうも趣向に合う色がなかったので、今回はフロントホワイト、背面クリアーとしました。

 分解は5、6回目くらいになるのですが、壊れず無事に動いております。毎回電源を入れるときはそれはそれはヒヤヒヤです。
 ちゃんちゃん(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です