iPhone 4。その前に!パソコン環境を要確認。など。

 iPhone 4の価格がSoftBankから発表されました。

 が、その前に、既存ユーザーもiPhoneが初めての人も、今度のiPhone自体が使える環境かどうかを一度再確認しておいたほうが、iPhoneを買ってから「あなたのパソコンは動作対象外です」と、いわれないように(実際にパソコンがいうわけではありませんが)、使えない。または動作が遅くて困難。に、ならないように予め確認しておきましょう。

 ページ内の引用は、この記事を書いている時点でのパソコンおよび、iTunes(同期用アプリケーション)のシステム必須要項です。稀に小変更されることもあるので、公式サイトで再確認くださいませ。

 また、初iPhoneの方は、iOS 4のトラブルに巻き込まれないように、1〜2ヶ月くらい様子を見てからiPhoneにしても遅くはないかなと思います。
 と、いうのも、毎回のことですが、OS自体が新しくなるときには、アプリケーション自体の対応遅れや、まったく動かない。更新されない。と、いう自体が多々発生しますので、もし、使いたいアプリやお目当てがある程度ある方は、逆に少し待ってみた方がいいかなと思います。OSそのもののトラブルもありえますし。

 お値段、色、プランはそれから考えても遅くはないかと思います(^^)

システム条件(Mac)
USB 2.0ポートを装備したMac
Mac OS X v10.5.8以降
iTunes 9.2以降(www.itunes.com/jp/downloadから無料でダウンロード可能)
iTunes Storeアカウント
インターネットアクセス

Macintoshハードウェア条件(iTunes for Mac)
IntelまたはPowerPC G5、G4プロセッサを搭載したMac
iTunes Storeで購入したビデオの再生にはIntel、PowerPC G5、1.0GHz PowerPC G4以上プロセッサが必要
iTunes Storeで購入したHDビデオ、iTunes LPの再生には2.0GHz Intel Core 2 Duo以上のプロセッサが必要
512MB以上のメモリ(HDビデオ、iTunes LPの再生には1GBが必要)
1024×768以上のディスプレイ解像度(iTunes LPの再生には1280×800以上が必要)
ビデオの再生には16MB以上のVRAMが必要
iTunes Storeの利用にはブロードバンドインターネット接続が必要
オーディオCD、MP3 CD、またはバックアップCD作成にはApple combo driveまたはSuperDriveが必要(Apple製以外のCD-RWドライブも動作する場合があります)
ライブラリをDVDにバックアップするにはApple SuperDriveが必要(Apple製以外のDVD-RWドライブも動作する場合があります)
Macintoshソフトウェア条件
Mac OS Xバージョン10.4.11以降(iTunes LPの再生にはMac OS Xバージョン10.5以降が必要)
QuickTime 7.6以降
HE-AACのサポートにはQuickTime 7.6.4とMac OS Xバージョン10.5以降が必要
Safari 4以降
200MBの空きディスク容量

システム条件(Windows)
USB 2.0ポートを装備したWindowsパソコン
Windows 7、Windows Vista、Windows XP HomeまたはProfessional Service Pack 3以降
iTunes 9.2以降(www.itunes.com/jp/downloadから無料でダウンロード可能)
iTunes Storeアカウント
インターネットアクセス

Windowsハードウェア条件(iTunes for Windows)
1GHz IntelまたはAMDプロセッサを搭載したPC
iTunes Storeで購入したビデオの再生にはIntel Pentium D以上のプロセッサが必要
iTunes Storeで購入したHDビデオ、iTunes LPの再生には2.0GHz Intel Core 2 Duo以上のプロセッサが必要
512MB以上のメモリ(HDビデオ、iTunes LPの再生には1GBが必要)
1024×768以上のディスプレイ解像度(iTunes LPの再生には1280×800以上が必要)
32MBのVRAMを搭載したDirectX 9.0互換のビデオカード(64MBを推奨)
QuickTime対応のオーディオカード
iTunes Storeの利用にはブロードバンドインターネット接続が必要
オーディオCD、MP3 CD、またはバックアップCD/DVD作成にはiTunes対応のCD/DVDドライブが必要
Windowsソフトウェア条件
Windows XP Service Pack 2以降、32ビット版Windows Vista、または32ビット版Windows 7
64ビット版Windows VistaまたはWindows 7には、iTunes 64ビット版インストーラが必要
QuickTime 7.6.4(iTunesに含まれています)
200MBの空きディスク容量
iTunesの画面を読み上げるソフトを利用するにはWindow-Eyes 7.0以降が必要(iTunesのアクセシビリティについて www.apple.com/jp/accessibility)

 公式サイトの、【iPhoneシステム条件】※ページ中段、左あたり
 アップル – iPhone – iPhone 4の技術仕様
 【iTunesシステム条件】※ページ左側
 アップル – iTunes – iTunesを今すぐダウンロード

予約販売について|iPhone 4|ソフトバンクモバイル

 余談ですが、ハードルがちょっとずつ上がるのは昔からのAppleパターンなのは仕方ないとして、Appleをあまり知らないユーザーにとっては、ちょっとずつ厳しい状況になりつつあるかもしれない。。。そういうもんだと思えるか、思えないかが。。。

VN:F [1.9.22_1171]
この記事はいかがでしたか?
Rating: 1.0/5 (1 vote cast)
iPhone 4。その前に!パソコン環境を要確認。など。, 1.0 out of 5 based on 1 rating
  • 白石有花

    私は、写真も撮ったその場でブログにUPして直ぐにスマホのデータは消します。またはDropBoxなどクラウドへ。YouTube観ませんし、FacebookもmixiもTwitterもやりません。アカウントすら無いです。Amazonも楽天市場もアカウント作るつもりありません。
    こんな私ですがiPhone5にします。ちなみにpc環境無いです。同期とかバックアップしたいようなデータをiPhoneに残すつもりありません。
    調べものと、ブログ更新の2つだけのためにiPhone5買います。こんな私をどう思いますか?

    VA:F [1.9.22_1171]
    Rating: 0 (from 0 votes)
    • 白石さんはじめまして。
      この記事は少し古いものなので現在はバックアップと必要としなければ iPhone 単体での使用でも大丈夫だと思いますよ。

      VA:F [1.9.22_1171]
      Rating: 0 (from 0 votes)
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial