Monthly Archives: January 2010

Pokenを導入 ; 簡単、電子名刺交換ガジェット。

 存在そのものは知っていたんですが、今回、前の記事のオフ会参加に伴い、始めてPokenを導入することにしました。

 Poken(ポーケン)ってなんですか?って、ことなんですが、簡単に言えば名刺の代わりになるもので、ハイホーといって、お互いのPokenを交差するだけで情報を交換できるというものです。

 使い方は簡単で、しかも買ってすぐ使えます。事前登録なしで、自分の情報はあとからひもづけてあげれば良いというわけなので、万が一忘れても、買うことが出来ればハイホーできるというわけですね。私もオフ会参加直前に買いました(^^)

 ハイホー(名刺交換)がうまくいっていれば、下の画像のようにひも付けされていて、相手の情報が一目瞭然です。あんまり一度にハイホーしまくると誰が誰だかわからなくなる可能性もありますが、それは紙の名刺交換と同じなので、Poken自体の問題点ではないかなと思います。

 日本の携帯電話同士だと赤外線で交換できるせいもあるのか、まだ流行っていませんが、iPhoneユーザーであり、なおかついろんなウェブサービスをしていると、一緒に登録することも出来るので、今回使って見て結構便利かな〜と思いました。

 興味のある方は、お気軽ハイホーお待ちしてます。

 少々電池の持ちが良くないのが欠点のようです(汗)


Your Social Business Card – Poken
楽天市場でPokenを探す!
Yahoo!オークションで「Poken」を探す!

「新潟ソーシャルメディアクラブ#1」に参加してきました。#nsmc

 昨日(1/29)、「新潟ソーシャルメディアクラブ#1」というオフ会に参加してきました。

 新潟県の新発田にある敬和大学のshinyaiさん主催の新潟ソーシャルメディア(ネットワーク)に関わる人たちを繋げよう。と、いうのが主な内容です。

Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブは、新しいウェブ事情に敏感な人々をつなげる、新潟のプラットフォームを目指します。昨年のオンライン上でのスタート以降、各種SNSを通じて、緩やかに人々をつないできました。また、独自のイベントとして、新潟県内で4度のフォトウォークを実施しました。約10カ月の準備期間を経て「Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ」を冠したイベントを、パーティ形式で交流できる形式でスタートすることにしました。新潟のウェブに関心のある人が気軽に集まり、楽しめる場所になってくれたらと思います。

 今回は総勢60名(OVER?)と、当初30人前後だと思っていたので大所帯の苦手な私はちょっとびびりましたが(笑)、インターネットを代えなさいと絶対に会えないような人たちと交流が出来たり、自分への刺激となったりして、久しぶりになかなか面白い時間を頂くことが出来ました。

 ライトニングトークといって、これからの新潟メディアの集まりや交流についての短時間の講演をやったり、その講演をライブ中継したり、新潟としてはまだまだ希少な存在のイベントだったんではないかなと思います。

 私の参加状況が確実であればもうちょっと宣伝しておけば良かったのですが、前述通り、だだ漏れ(ライブ中継)もされておりまして、リアルタイムで様子を見ることが出来ました。現在はUSTREAMにアップロードされていますので、その様子はほぼフルで保存されていますのでご覧くださいませ。
 ※動画は記事の最後に。中継 by そらのさん

 10年近くネットをやってきて、タダの飲み会、趣味の集まり、ゴウ○ン、○×▲、などなど、多くはありませんがオフ会を経験してきましたが、新潟のネットワークというくくりで参加したのは初めてでしょうか。
 BSNさんや新潟日報の方もいらっしゃっており、注目度もアップ!されると、メディアや繋がりにたいしての新潟での今後の動向が変わるのかな〜。なんて少し思いました。いや、変わらなくちゃダメ。

 地域柄、クローズドで、宣伝ベタで、仲良しが嫌い?な県民性にしては、今回は60名と大勢で、それが波及してその中から小さなネットワークができあがり、もっともっとそう言ったネットワーク通しが繋がって、新潟をひとつのネットワークで繋ぐような感じになるといいんじゃないかなぁ。なんて思います。

 大勢いたので個々に密なお話。特に主催のshinyaさんのお話がじっくり聞けなかったのが残念でしたが、次回に期待(^^;

 次回のイベントはまだ未定ですが、その前にフォトウォークという、新潟の街並みを撮りつつ楽しむイベントも昨年よりあり、来月(第5回目)がまたあるので、興味のある方はぜひぜひ参加してみてはいかがでしょうか。私も都合が付いたら(って、過去4回ダメだったんですが(汗))参加したいと思っています。

 珍しく新潟なお話でしたが、新潟を少しでも盛り上げられたらなぁ。と、思っています。お粗末様でした。


ICHINOHE Blog主催のshinyaさんのブログ
Niigata Photowalk/新潟フォトウォーク 第五回:Murakami/村上 : ATND
Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ #1 : ATND
[mixi] 新潟ソーシャルメディアクラブ
アメカゴ.net | 新潟ソーシャルメディアクラブ
ケツダンポトフ(そらのさん)

 それにしても今回はiPhone所有率70%くらい?凄かったなぁー。あんなにiPhoneそろったの見たの初めてだ(^^;

iDisk ; MobileMeのiDiskをiPhone / iPod touchでも使えるApp

 AppleのウェブサービスMobileMeの機能のひとつiDiskをiPhone / iPod touchで使えるようになるApp「iDisk」

 MobileMeのiDiskはサーバ上にあるディスク(iDisk)をMobileMeのアカウント設定したどのパソコンからもアクセスできるようになるサービス。と、いえばいいでしょうか。いわゆるウェブストレージサービスです。

 MacはもちろんのことWindowsも対応可能で、今回紹介するiDisk Appを使うと、iPhoneでも書類や動画、音楽ファイルなんかも再生できてしまいます。

 Mac、Windowsを使う私だといちいち各ローカルディスクやラップトップ自体にデータを置くことなく、しかも何処のディスクのデータを更新した、しないということもなくなり、外部のパソコンからもファイルが取り出せちゃうのは便利かなと思います(でも、あまり重要なファイルはオンライン上には置かない方が無難)。

 唯一欠点というかネックは3G回線の遅さですね。PCと同じデータだとかなりしんどいので、プレゼンやプレビューの前提がある場合は、専用の軽いファイル(PDFだったら圧縮掛けておくとか)を作っておいた方がベターですね。

 動画とか滅多に見ないけど、たまーに見たくなるような大きなファイルを置いておくと結構いいかも。


MobileMe iDisk [iTunes]

iPad ; Apple版タブレットパソコンが出ましたぞ。

 Apple eventでベールを脱いだiPad。前々から噂のあったApple版タブレットパソコン(と、いったところでしょうか)が出ました!

 公式サイトのトップが既にiPad用にモデファイされていて、縦の短いMacBook Pro13”の液晶画面では全て入り切りません。早く買いなさい!と、いうことでしょうか(笑)

 詳細は後ほど。と、いうか残念ながら日本での発売はまだ未定?のようで、日本のサイトには表示されていません。これも噂通りでした(汗)

 個人的に欲しい度は低いのですが、興味深いのは3G+Wi-Fiモデルがあるということ(iPodのようにWi-Fiのみのモデルもある)ことからして、販売はSoftBankまたは別の通信キャリアからも出る可能性はあるということですね。

 Mac。と、いうよりは、でかくなったiPhoneまたはiPod touchそのものなので、現行のAppもそのまま動くのですぐ遊べることは遊べるんですが、個人的にはコレの使い道がイマイチ思い当たりません。一番使えるのは、Apple Storeのような販売員さんたちではないでしょうか。iPhoneでごにょごにょ説明するより、これで商品や見積もりをサクサクっと見せられたら「買います」と、言ってしまいそうです(笑)

 コレが噂にあった、ジョブズ氏が本当に望んでいたものなのか少々疑問(個人的にはiPhoneで完結していると思っている)のですが、日本での動向を見つつ検討という所でしょうか。

 これに完全防水型。とか、プロジェクター内蔵型とか出たら即買いなんですが(^^;


Apple – iPad – The best way to experience the web, email, & photos

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial